ぜんまい駆動のポータブル赤道儀「MusicBox EQ
製品の概要 1日目 評価1 評価2 2日目 評価3 評価4

製品の概要

★ポータブル赤道儀

★外形:75×62×150mm 0.7kg

★駆動:ゼンマイ
  追尾中は
「きらきら星」のオルゴールが流れます。

★追尾時間:6分程度
   (評価結果を参照して下さい)

★関連情報
月刊星ナビ
  2011年1月号で
  紹介記事有り

スカイバードのHP
  にも説明あり

★取扱店
 ・スカイバード
 ・AstoArts 
上から見たところ
下から見たところ
★設置の仕方

(1)この赤道儀は、上の写真のように、写真用の三脚にのせます。

(2)三脚の雲台を傾けて、オルゴールのついた側にある2つの穴を北極星に向けます。

(3)2つの穴をとおして、北極星を見ます。穴の中心に北極星がくるようにします。
 これにより極軸を合わせたことになります。

★設置で感じたこと
設置から撮影開始までが、簡単にできた。
旅行先など荷物が制限されるときは便利だと感じた。
一人で撮影している時、オルゴールが鳴ることで、雰囲気が和らいだ
★設置で気になったこと

●本体が軽いので、雲台経由でカメラをのせた時、簡単に三脚とともに動いてしまうので、三脚はしっかりしたものが、良いと感じた。
●カメラをのせてからの極軸合わせは、カメラの向きによっては、カメラの方向を変えないとできないことがあった。
●三脚、雲台、カメラのバランスを考えてそれぞれを選択する必要があると思った。

    <top>  

評価1   焦点距離:24mm & 露出時間1分の連続撮影
  ★撮影対象  ふたご座 と かに座
★撮影方法  広角24mm  1回の撮影時間60秒  オルゴールが停止するまで(結果として8枚撮影)
          ※ゼンマイを巻くとすぐに稼働するため、巻いた約20秒後ぐらいから撮影開始した。
★写真の補足 ・画像は撮影したままで加工なし。
          ・全体の写真はサイズを縮小していますが、黄色い枠内の部分写真は、撮影時の等倍です。
★撮影結果  上記の撮影のとおり7枚目までは問題なし。
          固定撮影では20秒程度が限度であるが3倍の露出時間をかけることができることが分かった。
   <top>

評価2   焦点距離:55mm & 露出時間2分の連続撮影
  ★撮影対象  かみのけ座
★撮影方法  焦点距離55mm  1回の撮影時間120秒(結果として4枚撮影)
★撮影結果  上記の撮影のとおり2枚目は問題なし。
          1枚目と3枚目は使用可能かな? 4枚目は使用不可。
   <top>

評価3   焦点距離:38mm & 露出時間2分の連続撮影
  ★撮影対象  オリオン座
★撮影方法  焦点距離38mm  1回の撮影時間120秒(結果として4枚撮影)
★撮影結果  上記の写真は3枚目。(4枚目は使用不可でした)
          2分の撮影ができることは、私の撮影では、利用価値大と判断できた。
  <top>

評価4   焦点距離:55mm & 露出時間3分の連続撮影
  ★撮影対象  オリオン座
★撮影方法  焦点距離55mm  1回の撮影時間180秒(結果として3枚撮影)
★撮影結果  上記の写真は2枚目。(3枚目は使用不可でした)
          拡大しなければ利用可能であるが、赤道儀の設定の精度向上に工夫がいるかな?
  <top>

<Top>

Return to Home
Copyright (C) 2011 koi All Rights Reserved