虹のアルバム                   更新:2018/1/8


 太陽の光が、空気中の水滴がプリズムのように働き、光を分解して、そらに七色の円弧(虹の橋)を映し出してくれる自然現象。
幻日  幻日 (げんじつ) とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える現象。
 雲の中の氷晶によって光を反射、分解しているようです。
環天頂
アーク
 環天頂アーク(かんてんちょうアーク、英語:circumzenithal arc、circumzenith arc、CZA)は大気光学現象の1種であり、太陽の上方に離れた空に虹のような光の帯が現れる現象である。
 環天頂弧(かんてんちょうこ)、天頂環(てんちょうかん)、天頂孤(てんちょうこ)などとも呼ばれる。 またその形状が地平線に向かって凸型の虹に見えることから、俗に逆さ虹(さかさにじ)ともいう。<ウィキペディアより引用>
日暈  暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる現象。 月でもこの現象はおこり、月暈と呼ばれている。
 太陽のまわりの雲の中を光がとおるときに氷晶により屈折されることで発生する。

<青空のアルバム Top Page>
<Return to Home>
Copyright (C) 2015-2017 koi All Rights Reserved